みなさんは、人の便の臭いには種類があることを知っていますか?

普段トイレに行った後、自分の便の臭いを確認する機会はあまりないかもしれません。

しかし、便の臭いは人の体調のバロメーターになるということが分かっています。

ここでは、そのような便の臭いの種類について説明していきたいと思います。

便の臭いには種類がある?

人の便の臭いには種類があるというのは本当でしょうか。

このことを知るために、便の成分や便の臭いが発生するメカニズムについてみてみましょう。

・便の成分

便のほとんどは、体に吸収されずに残った食べ物だと思っている人も多いのではないでしょうか。

実際のところ、消化されずに残った食べ物は、便には多く含まれていません。

数字で言うと、便のおよそ5パーセント程度にすぎないということが分かっています。

便の半分以上は水分で構成されていて、全体の60パーセントにも及びます。

この水分の量が多いといわゆる下痢の状態になります。

次に多いのは腸壁細胞の死骸です。

便の15パーセントから20パーセントを占めています。

残りの10パーセントから15パーセントは、細菌類の死骸となってます。

このように、吸収されずに残った食べ物は便にほとんど入っていないことが分かります。

・便の臭い発生のメカニズム

便の臭いは、吸収されずに残った食べ物の臭いであると思うかもしれません。

しかし、このような考えは間違っています。

便の臭いは、腸内に存在する細菌が体で消化されずに残った食べ物を分解して発酵させることで発生しているのです。

腸内には1000種類以上の細菌が存在し、その数は600兆個から1000兆個にも上ります。

重さにすると、1キロから1.5キロにもなります。

その人の腸内環境よって、腸内細菌の種類や数、構成が変化します。

その結果、人の便の臭いにいくつかの種類が生じるのです。

・便の臭いの種類

便の臭いには、漬物のような酸っぱい臭い(発酵臭)があります。

さらには、甘い匂いがすることもあります。

その一方で、どぶのような匂いがすることもあります。

卵が腐ったような臭い(腐卵臭)や玉ねぎが腐ったような臭いと例えられます。

どぶのような匂いの場合

便からどぶのような匂いがする場合、病気かどうか心配する人もいるようです。

どうして便からどぶのような匂いがするのでしょうか。

その理由についてみてみましょう。

・どぶのような匂いの理由

先ほど述べたように、便の臭いは、腸内細菌が体で消化されずに残った食べ物を分解して発酵させることで発生します。

そして、腸内細菌の種類や数、構成はその人の腸内環境などによって変化するということでした。

腸内環境が悪い場合、ウェルシュ菌などの腸内細菌の動きが活発化します。

ウェルシュ菌は悪玉菌と呼ばれるものの代表的な存在です。

ウェルシュ菌などの悪玉菌は、腸内で腐敗を引き起こします。

その結果、スカトールやメルカプタン、硫化水素など、毒性のある臭いが便から発生することになります。

どぶのような匂いとは、このような毒性のある臭いのことです。

便の臭いからどぶのような匂いがする理由は、腸内環境が良くないからということです。

・どぶのような匂いの対策

どぶのような匂いを抑えるためには、腸内環境を整える必要があります。

病気ではない場合、食生活を改善しましょう。

具体的には、肉ばかりの偏った食生活をやめ、食物繊維や乳酸菌を積極的に摂取することを心がけましょう。

また、ストレスを軽減することによって、悪玉菌の活動を抑えることもできます。

甘い匂いの場合

どうして便から甘い匂いがするのでしょうか。

まずはその理由についてみてみましょう。

・甘い匂いの理由

腸内環境が良い場合、乳酸菌やビフィズス菌が活発に働きます。

乳酸菌やビフィズス善は善玉菌と呼ばれており、腸内で発酵を起こします。

その結果、便からは発酵臭のような臭いがすることになります。

発酵臭のような臭いは、甘い匂いにまでなることもあります。

このように、便から甘い匂いがする理由は腸内環境が良好であるからということです。

・甘い匂いを維持する方法

ここでは、良好な腸内環境を維持するための方法を紹介します。

まず、オリゴ糖が含まれている食べ物を摂取するようにしましょう。

オリゴ糖は大豆や玉ねぎ、アスパラガスに含まれており、腸内のビフィズス菌の数を増やしてくれます。

また、オリーブオイルを飲むようにしましょう。

オリーブオイルには、植物油の主成分である脂肪酸のひとつであるオレイン酸が含まれています。

オレイン酸には、腸内の毒素を取り除いてくれます。

便秘にも効果があるのでおすすめです。

ここまで、便の臭いの種類についてみてきました。

便は身近なものですが、知らなかったことも多いのではないでしょうか。

便の臭いには、自分の腸内環境や健康状態が表れます。

日ごろから自分の便をチェックし、何か異常があればすぐ対応するのが望ましいでしょう。

この記事を参考に、普段から腸内環境を整え、日々気持ちよく過ごしましょう。