収納に拘りを持っている方々は、たくさんのクローゼットなどお家に取り入れたりしているでしょう。

しかし、そのような人たちが、クローゼットのニオイ対策に無関心だとしたら、なんか興ざめしませんか?

クローゼットは、悪臭を発するものであり、いつもニオイ対策についても考えておかなければならないものです。

そこまでしてはじめて、“居心地のいい暮らし”が実現するのではないでしょうか。

臭いを取りたい

収納スペースに満たされていればいいという思いでは、クローゼットの臭いまで気付かないかもしれないですよね。

お家の満足度は、収納スペースだけでなく、ニオイのない気持ちいい暮らしによってもたらされることになります。

お客様が来て、ちょっと収納スペースを開けただけで、お客様のところまでニオイが漂ってしまうなんて、本当にお客様は最悪の家庭環境をイメージしてしまうのではないでしょうか。

クローゼットの臭いは、それぞれの家庭がそれぞれの臭いを発していると考えていいでしょう。

自分たちは、そのような臭いに慣れてしまって気にならないということがあるかもしれません。

そんな個性的臭いをお客様に印象づけないように、日々注意する必要があります。

原因

果たして、クローゼットから漂う臭いの原因はなんなのでしょうか。

クローゼットが臭うのは、まず、湿気が溜まってしまったからということがあります。

クローゼットのなかで空気が動かなくなってしまって、梅雨のシーズンなどに発生する湿った空気がそのままの状態だったりします。

気温が変化して来れば、湿気だけがここに残り、ジメジメ感を回避することができません。

クローゼットの中の衣類は、湿気を含んで、段々と重たくなって来るでしょう。

そのままの状態にしておけば、カビも生える原因になってしまうでしょうし、雑菌が繁殖して、悪臭を放つことになります。

さらに、クローゼットの臭いは、ホコリが溜まってしまうことで起こります

通気性という意味では、先ほどの件と共通しているのですが、ホコリもどんどん累積されていってしまうことになります。

ホコリと湿気によって、クローゼットのなかはオリジナリティーな臭いが作られてしまうことになります。

さらに服についている汗などを、そのままの状態でクローゼットにしまいこんでしまうことで、よりオリジナリティーの強い、悪臭を作り出してしまうことになります。

そこに、クローゼット自体の木の臭いなども混じり合って来ます。

子供さんが、野球などで使用したユニフォームをそのままクローゼットのなかに放置ということでは、汗と泥の臭いも満々と漂ってくるでしょう。

対策

クローゼットのニオイの原因を知り、同時に対策について考えてみましょう。

クローゼットのニオイは、風通しという問題が大きく関与しているので、こまめにクローゼットのなかに風を通して乾燥させるという意識が対策に繋がります

クローゼットのドアを開けたままにしておくというのも対策のひとつです。

更に、扇風機を使って風を送り込んであげるといいでしょう。

次に、日々、しっかりクローゼットを掃除するモチベーションを持って、クローゼット内の汚れを掃除機で取り除いたりしてください

もう既に相当カビ臭くなってしまったという場合には、一度、中に入っているものは全部出してしまって、カビ自体をチェックしましょう。

カビがあれば、ドラッグストアなどで販売している【アルコール除菌スプレー】など使ってみてください。

そして、クローゼットのなかに入っていた服を外へしっかり干してください

悪臭が気になれば、洗濯をしたり、クリーニングへ出す配慮も必要になって来ます。

そして、クローゼットのなかの臭いを消すことができれば、今後、このような状態を持続することがポイントとなります。

収納するという意識も、一工夫することで、臭い問題は案外簡単に解決することができたりします。

話は、それほど難しくはありません。

洋服は干してから収納するという習慣を持つようにしてください。

とにかくクローゼットは、湿気を持ちこまないという心掛けが大事です。

みなさんが考える以上洋服は、汗・外の湿気を一杯吸い込んでいるものです。

注意をしていても、クローゼットのなかは、湿度が高くなる傾向があります。

いつも、クローゼットのなかを、新鮮な空気を入れ換えるという意識を持っていたいものです。

そして、更に、ドラッグストアへ行けば、いろいろな消臭・脱臭剤が販売されているので、そのようなものを利用して、クローゼットをいつもキレイに保つという意識が大事です。

除湿効果の期待出来るものも多く販売されているので、そのようなものを置くだけでも、効果は期待することができます。

いかがでしょうか。

とにかくオリジナリティーな臭いは、日々の心掛け次第で改善されていくはずです。

年末の大掃除に一回きりということではなく、日々心掛けるようにしてください。