毎日洗濯しているのに、嫌なにおいがする服ってないですか?

洗剤や柔軟剤を変えてみたりしても、しみついたにおいはなかなかとれません。

お気に入りの服だとにおいが取れないからと諦めてしまうのも、悲しいですよね。

今回は、においが取れない原因と、しみついたにおいの取り方についてご紹介いたします。

服のにおいが取れない

洗濯物の嫌なにおいは、皮脂汚れや汗・雑菌が服にしみついていることが原因です。

同じように洗濯していても、服の素材や汚れ具合によっては、皮脂や汗が繊維の奥まで入り込み、しみついてしまうことがあります。

洗ってもにおいが残るものにポリエステルなどの化学繊維が挙げられます。

ポリエステルは通気性があまりよくないため、汗を蒸発させることができずに、服に残ってしまいます。

そのため、雑菌が繁殖しやすくなり、においの原因となってしまうのです。

他にはタオル類も濡れた状態が多いので、私たちの皮脂や汗をエサにした雑菌が繁殖しやすくなります。

においを取るということは、この汚れや雑菌を落とすことが大切です。

また、見落としがちですが、洗濯槽の桶の汚れも、服のにおいの原因になることがあります。

毎日の洗濯で私たちの皮脂や汗汚れが、桶に残ってしまうからです。

定期的に洗浄するのを忘れないようにしましょう。

重曹→洗濯がベスト?

服のにおいをとるのに重曹が効果があるときいたことがありませんか?

重曹は環境にも優しいうえ、人にも無害ですので、これでにおいが取れたらいいですよね。

ですが、重曹だけだと一時的ににおいは取れますが、濡れてしまうと嫌なにおいが復活してしまいます。

実はただ重曹を使うだけでは、嫌なにおいは取れないのです。

重曹とは別に、あるものを使うことで、確実に嫌なにおいを取ることができます。

それはスーパーや100均でも買える『クエン酸』です。

クエン酸と重層を合わせて使うことで、嫌なにおいをすっきりと落としてくれます。

使い方としては、それぞれ水に溶かし『重層スプレー』『クエン酸スプレー』を作ります。

(作り方は、霧吹きに500mlほどの水を入れ、重層、クエン酸それぞれを大さじ3~4程度入れたら出来上がりです)

この重曹スプレーを嫌なにおいがする服に吹きかけ軽くもみ、汚れにしみこませます。

そのあとクエン酸スプレーを吹きかけ15分程度置いたら、後は普通に洗濯するだけですっきりと臭いはしなくなります。

香水の頑固な臭いの取り方

服に染みついてしまった香水の取り方は、一番手っ取り早いのはドライクリーングに出すことです。

香水の成分は油性のものがあり有機溶剤に溶けますので、ドライクリーニングがもっとも適しています。

普段、家で洗濯に使う消臭剤は、ほとんど効果はありません。

しかし、クリーニング代をかけたくない時は以下のことを試してみてください。

・乾燥した風通しが良い場所に干す

香水は揮発性ですので、風を当てることで香り成分はだんだんと薄まってきます。

一度では取れなくても、何度か繰り返すことで、効果がみられます。

・アイロンをかける

これは急を要する場合の対処法となりますが、香水の揮発性を利用したやり方です。

低温のアイロンをかけて香り成分を飛ばしてしまうことで、においが気にならなくなります。

この時には、生地を傷めないように、当て布をすることを忘れないようにしてください。

服についた嫌なにおいの取り方についてご紹介しました。

皮脂や汗残りが原因で、雑菌が繁殖してしまいます。

これが嫌なにおいの原因となりますのでしっかりと落としてくださいね。

重曹スプレーとクエン酸スプレーがあれば、頑固なにおいもしっかりと落としくれます。

作り方も簡単ですので、ぜひチャレンジしてみてください。

また、しみこんだ油性の香水のにおいは、普段のお洗濯では取れません。

香料が溶ける有機溶剤を使っているドライクリーニングが一番おすすめな対処法です。

お金をかけたくない場合のやり方もご紹介しましたので、そちらもぜひお試しくださいね。