加湿器のニオイが最近気になるという方々も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

加湿器に対して、何も対策を取らなければそのような状態になってしまうことは充分想定内と考えていいでしょう。

加湿器の掃除に対して、クエン酸と重曹はかなり有効的だという話も聞きますが、真相を追求しましょう。

加湿器の臭いが取れない

最近、加湿器の臭いが取れないという問題を抱えている人たちも相当多くいらっしゃるようです。

インフルエンザが流行して、インフルエンザ対策として加湿器を置こうと考えるものの、いちいち掃除までしないという人たちがほとんどと言ってもいいかもしれません。

ズバリ、加湿器も、掃除しなければならないものです。

加湿器の掃除には、クエン酸や、重曹が効果的という話もよく聞きますが、結局クエン酸と重曹ではどっちが効果的なのでしょうか。

とにかく、モチベーションは加湿器の掃除です。

掃除をしないことには、カビ、水垢、カルキと言ったもので汚れまくり、カビの生えた空気を吸うことで、風邪や肺炎になったりすることもあります。

そして、悪臭を放つことも。

そこで、手軽に掃除する方法として、クエン酸と重曹という手段があります。

臭い取りは重曹・クエン酸どちらがベスト?

まずは、クエン酸と重曹の効果のほどをチェックしておきましょう。

実際にどちらかといえば、悪臭には重曹が効果的と考えていいでしょう。

クエン酸と重曹には、それぞれ違う効果があります。

クエン酸は、弱酸性であり、重曹は弱アルカリ性なので、性質も全く別物と考えることができます。

クエン酸は弱酸性なので、アルカリ性の汚れを中和して除去するという感じです。

カルキ(水垢)は、ミネラルなどの成分が固まってできたアルカリ性の汚れのことです。

ですから、カルキに対しては、クエン酸がより高い効果を発揮してくれることでしょう

さらに、クエン酸は、レモンや梅干しに含まれる酸味成分なので、安心して掃除に利用することができます。

次には重曹です。

重曹は、弱アルカリ性なので、酸性の汚れを中和させて除去します。

カルキの研磨と消臭効果には、重曹が結構役立ちます。

カルキに対しては、クエン酸も強みがありますが、カルキの場合、 白く固まってしまっているようなものもあり、そのようなものに対しては、クエン酸では溶かす程度でなかなか落ちないということがあります。

そのようなとき重曹の出番と言ったところでしょう。

そして、加湿器の悪臭に対しては、重曹の勝利と言ったところでしょう。

悪臭の原因である、カビや嫌な臭いの成分は酸性であるケースが多いから、アルカリ性の重曹がキレイにカビを取り去ってくれる感じです。

アルカリ性のカビの場合は、クエン酸です。

重曹を使用してニオイを消すという場合、水3リットルをタンクの中に入れて、重曹粉末20グラム(大さじ2杯程度)を溶かします。

そして、1時間程度、加湿器を運転し続けてください。

1時間後にタンクを取って、水で洗い流していきます。

このような方法で、バッチリ加湿器のカビ臭さは取ることができます。

ただしこれで加湿器の悪臭は万全ということではなく、2週間に1度程度は意識してこの作業を行うようにするといいでしょう。

重曹を使用する時には、重曹には研磨作用があり、こすり過ぎると傷になってしまうので注意が必要です。

さらに、長い時間重曹に素手で触れてしまうことで肌荒れが起こることがあるので注意してください。

さらに、重曹はアルミ、畳、木製に対して使用することで変色してしまう恐れがあります。

他の対策法

加湿器の悪臭を取るために除菌アイテムを使用するというのも方法のひとつです。

『加湿器の除菌タイム』(除菌タイム)は、加湿器の水に混ぜる液体タイプの除菌剤です。

毎回の給水のときに適量をいれておけば結構簡単に水の除菌ができますよ。

・除菌アイテム

『加湿器キレイ』(ブリッジメディカル)というのもグッドアイテムです。

『加湿器キレイ』(ブリッジメディカル)は、銀イオンの力を使ったスティックタイプの除菌剤です。

『タンクの除菌剤』(コジット)は、ローズマリーの成分を使ってつくられた除菌剤です。

・タンクを空状態にしておく

加湿器を使用しない時には、タンクを空状態にしておいて、乾燥させることも大事です。

・一日で交換する

さらに、タンクの水は、一日で交換することも大事なポイントです。

・浄水器を通した水を使わない

さらに、浄水器を通した水は、飲み水としてはいいかもしれませんが、加湿器に対してマッチした水は言うことができません。

加湿器で使用する場合、カルキなどの殺菌成分も幾分除去されてしまうので、水が腐り、悪臭を発生させるスピードを早めてしまうことになります。

・フィルターを交換する

そして、どうしても加湿器の悪臭を消すことができない場合、フィルターを交換することも考えてみましょう。

加湿器の悪臭は、こびりついてしまうことで、やはりなかなか取れなくなってしまうので、普段からお手入れするというモチベーションを持つことが大事です。