今回は加湿器の臭いの原因と解消法について紹介していきます。

加湿器は部屋に循環するものですから、変なニオイが出ると気になってしまいますよね?

そんな加湿器の臭いの対処法から意外な臭いの原因まで紹介していきたいと思います!

加湿器が臭い

お肌の乾燥が気になる冬場の季節に大活躍してくれる加湿器ですが、長年使用しているとモワッとした臭いや酸っぱい鼻を突くような臭いがしたことはありませんか?

加湿器の臭いが気になっている人は意外に多いらしく、リサーチしてみると困っている方も多いようです。

その中でも多かった疑問が加湿器で使用するのは水だけなのになぜ臭いが発生するのか?というもの、確かになぜか気になりますよね?

そのような素朴な疑問から以外な原因までを次の章から紹介していきたいと思います!

原因

・原因は〇〇

加湿器の臭いは“カビ”が原因です。

湿気っぽいモワっとした臭いや古い洗濯ばさみのような少し酸っぱさを感じる臭いもカビや加湿器の中の雑菌が繁殖したことによって起きています。

湿度の高い場所を好むカビが加湿器で繁殖するのは仕方が無いことなのでは?と思いがちですが、他にも原因があるかもしれません。

・気温が高い

カビや雑菌が繁殖する理由として部屋の気温が高いということが考えられます。

やはり気温が高いと雑菌やカビが繁殖しやすくそこに湿度も加わるとカビや雑菌にとっては繁殖する為に絶好の場所になってしまいます。

特に冬場などは暖房をつけて過ごす方も多いため雑菌やカビにとっては繁殖するのに絶好の環境になります。

・汚れやホコリ

次に加湿器の臭いの原因としてフィルターの汚れや溜まったホコリなども考えられます。

加湿器には部屋の湿度をあげて快適に過ごせるようにする機能だけでなく、空気中のホコリや汚れをフィルターでろ過する機能もあります。

これはフィルターを掃除する事で簡単に解消する事が可能ですが、フィルターにこびりついたカビなどはなかなか落とすことができない為、事前の対処も必要になってきます。

またフィルターの汚れ・カビを放っておいたまま加湿器を使用していると、部屋中にカビ菌を分散させてしまうことになります。

その為、フィルターの汚れには特に注意が必要です。

・タンクの水

加湿器の臭いの理由としてタンクの水が腐っているという事も考えられます。

これは当たり前ですが、定期的に水を交換していれば事前に防ぐことが可能です。

原因として可能性は低いですがこちらが当てはまるという場合はいつもより早めに水を交換するようにしましょう。

取り方

・重曹水

フィルターからのタンクの臭いを根本からとるにはこの重曹水が効果抜群です。

重曹水を使う方法は二通りあります。

まずはふき取る方法です。

重曹水を薄い布やキッチンペーパーなどに少し含ませて軽くふき取ってあげるだけです。

もう一つの方法は重曹水にフィルターやタンクなどをつける方法です。

ぬるま湯1リットルをバケツに入れてそこに重曹を大さじ3.4杯ほど入れしっかり混ぜます。

ここにフィルターやタンク等の加湿器のパーツを入れて30分~60分ほどつけて置いておくだけです。

ふき取る方法ですとフィルターなどの綺麗にふき取りにくいパーツもあるため、確実に臭いを取りたいという方にはつけ置きする方法をおススメします。

・台所用合成洗剤

重曹が家になければ台所用合成洗剤でも代用する事ができます。

こちらも方法は同じで水に適量混ぜてつけ置きしておくだけです。

注意点としてはつけ置き後にパーツがヌルヌルする為、しっかり洗い流す事ぐらいです。

またしっかり洗い流さないと逆に汚れの原因になってしまう為、注意するようにしましょう。

・クエン酸

加湿器の臭いを取る効果的なものとしてクエン酸も挙げられます。

加湿器に白いかたまりが溜まっていることは無いでしょうか?

あれは水道水に主に含まれているミネラルが原因でできるもので、同時に加湿器の臭いの原因になるものでもあります。

クエン酸を使った臭い取りの方法も重曹水と同じで、バケツにぬるま湯を用意し、そこに大さじ3.4杯ほど入れてつけ置きするだけです。

汚れやタンクのぬめりと取るのに効果的なものは重曹水ですが、白いホコリのような塊はクエン酸が効果的になります。

自身の加湿器を確認して用途を使い分けるようにしましょう。

今回は加湿器の臭いを取る方法と臭いの原因について解説していきました。

加湿器の臭いを取る方法は複数ありますが、一番おススメしたいのは最後に紹介したクエン酸を使用する方法です。

クエン酸や重曹は加湿器だけでなくエアコンのフィルターやコンロのグリルなどの洗浄・臭い取りにも使用する事ができます。

少しでも参考になれば幸いです。