寝室に漂う不快な匂い。

ちゃんとお風呂にも入っているし、カビたり腐ったりするようなものは寝室には持ち込んでないはず。

それなのになぜか臭うこのイヤな謎の臭い。

そんなイヤな臭いに悩まされている方もおられると思います。

今回はそんな不快で謎の臭いの衝撃の正体と対策をご紹介します。

寝室が臭いのは旦那が原因?

この謎のニオイの正体は何なのでしょうか?

気になる臭いを消すために一日中窓をあけっぱなしにして換気して、一時的に臭いが消えてもまたすぐに臭うようになることもよくあります。

原因として考えられるのはまずマットレス、敷布団、掛け布団、毛布、タオルといった寝具からの臭いです。

ちゃんと洗ってない、日干ししていないなどの場合にはこれらの原因が考えられます。

また絨毯や畳の匂いという可能性や寝室の壁紙やソファーなどの可能性もあります。

ありえないと思うかもしれませんが、家に巣食うネズミの死骸がベットの下にあったなんて場合もあるのです。

また飼い猫がわざわざ外から持ち込んだネズミの死骸が臭いの原因であったという話まであるのです。

これらの原因は換気をした後に寝室の掃除をきちんとして、一つ一つの臭いを確認すれば特定できるでしょう。

寝具であれば洗うか、日干しをするか、新しく買えばいいですし、ソファーや壁であればファブリーズなどの消臭剤を吹きかければ大幅に改善します。

ここではこれらのほぼ予想可能な原因以外について、ご紹介したいと思います。

それは「旦那の臭い」です。

「まさか!ありえない」と思う方は少数派かもしれませんね。

「なるほど!」と即座に納得してくれる方のほうが多いのではないかなと思います。

そう、寝室の謎の臭い匂いの隠れたファクターの1つには「旦那の臭い」があるのです。

口臭が原因の場合も・・・

知られざる寝室の謎の臭いのファクターである「旦那の臭い」とは一体で、どこからやってくるのでしょうか?

「旦那の臭い」の発生原因は頭と口の可能性が大であります。

まず男性は一般に女性よりも体重が重く、汗の量も多く、皮脂の分泌が多いもの。

汗や皮脂の分泌が多ければそれだけ皮膚常在菌の餌になって嫌なニオイの発生源となりやすいものです。

一般に寝汗は一晩でコップ一杯ぐらいかくと言われますが、男性は体も大きく寝汗も多くなりがちで、これがニオイに拍車をかけやすくなっています。

特に仕事で疲れている、残業の後の深夜帰宅で適当にシャワーを浴びたが頭は洗っていない、髪は洗ったが頭皮までしっかり洗っていない、そして洗っても十分に洗い流しておらず頭皮に多くの皮脂が残っているなどの場合があります。

この場合は枕が非常に臭くなることになります。

そして最後の要因が口臭です。

お酒を飲んで寝た場合、口を開けて大いびきになる旦那様も多いのではないかと思います。

普段の口の中は唾液によって口内環境がある程度清潔に保たれていますが、口を開けて寝ることで口の中が乾燥し、乾燥すると口内環境が悪化し虫歯菌と呼ばれるミュータンス菌などが大繁殖して、強烈な口臭を発することになります。

寝起きの口の中はお尻より細菌の数が多いという研究もあるぐらいです。

それぐらい汚ければ寝室の謎の匂いの発生源になっても全く不思議ではありません。

対策法

さて、ここで「旦那の匂い」の対策法をご紹介しましょう。

まず一般的な体のにおいです。

この場合はよく体を洗う、殺菌効果のある薬用石鹸などを使い皮膚常在菌を抑制しましょう。

またパジャマだけでなく寝具を清潔に保つ必要があります

頭が発生原因の場合は、寝る前に必ず頭を丁寧に洗うだけでなく、丁寧に洗い流してもらうしかありません。

疲れて帰ってきた旦那様が傷つかないように上手に頼んでみてください。

最後に口です。

まず口は唾液が十分に出ていれば雑菌は抑えられあまり匂いません。

しかし今はストレス社会です。

ドライマウスという言葉を聞いたことがある方も多いかと思いますが、ストレスが多いと唾液が減りドライマウスになりやすくなります。

したがって旦那様のストレスを少しでも取り除いて上げる必要があります

次に口を開けて寝るために乾燥する点ですが、これは鼻の通りを良くするブリーズライトなどを寝る時に装着をしたり、医療用のテープを軽く口に張って口呼吸による口内乾燥を防いでもらいましょう

また寝る前にリステリンなどの殺菌効果を謳う液体ハミガキを使うことも効果的です。

今回の「寝室のニオイ対策は、旦那の口臭!?衝撃事実をご覧ください!」はいかがでしたか?

寝室の嫌なニオイの正体には旦那様かもしれないという、もはやある種のホラー映画のような話になってしまいました。

そんなホラーな話ではありますが、正体さえわかれば「幽霊の 正体見たり 枯れ尾花」でして、いくらでも対策はできます。

今回ご紹介した対策で皆様が寝室の謎の嫌なニオイを撃退し、爽やかな寝室を取り戻せることを心よりお祈り申し上げます!